logo

ソニー、動画コンテンツを複数のメディアへ配信するクロスメディア媒体 「eyeVio TV」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ソニーは8月30日、動画共有サービス「eyeVio(アイビオ)」のサービスを企業向けに拡張し、「eyeVio TV(アイビオティービー)」として、9月1日よりサービスを開始すると発表した。

 アイビオティービーは、スポンサー企業のメッセージや商品情報を織り交ぜた、独自のエンタテインメント・コンテンツを制作し、テレビからインターネット、携帯電話、街頭ビジョンまで、複数のメディアへ連携して放送・配信する、クロスメディア型の媒体を目指す。

 アイビオサイトを主軸に、ケーブルテレビ局ジュピターテレコムの「J:COMチャンネル」において、毎週火曜日と土曜日、それぞれ6分間の番組を放送。番組は、アイビオに投稿されたユーザーからの動画を中心に、スポンサー企業からのメッセージや商品情報をナビゲーターがガイドし、1コーナーあたり約2分間、3コーナー紹介する内容となっている。

 同時に番組は街頭ビジョンや携帯、ブログなどへも配信。さらに、これらのコンテンツを、ビデオ再生対応のウォークマンなど、モバイル機器にダウンロードして視聴することもできる。

 ソニーでは、コンテンツとメディアを連携させることで、「マスメディア」と「ヴァイラル(口コミ)」双方への、有機的なアプローチが可能になるとしている。

 企業がアイビオ ティービーにて番組を放送するには、番組制作費および媒体費として、1ヶ月400万円からの基本料金が必要。なお2007年内は、基本料金が1ヶ月250万からとなる、サービス期間を設けている。

-PR-企画特集