logo

楽天ブックスの姉貴はキラキラ輝く仕事人 - (page 2)

瀬井 裕子(編集部)、写真:UGA2007年08月30日 22時22分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 IT業界には「自分から望んで転職した」という元木さん。「もともと出版社にいた時はパソコンの仕組みを知ってたし『インターネットに強い女』だったんですよ。どこにいても働けると思ってました。今の会社では全然ついていけないですが」

 現場を仕切る手腕を持つ一方で、管理職として会議も多い。そんな彼女の職場の素顔をご紹介します。

ある日の行動
打ち合わせ風景

 毎日朝は早く、夜は遅い。「玄関から先には仕事を入れないことに決めてるの」と元木さん。家に帰ってからきちんと食事を作るけれども、帰宅途中に少しお酒を飲んで帰ることもある。「寄り道すると仕事と遊びが切り替えられるんです」と言う一方で、ウェブサイトにトラブルがあると夜中でも週末でも、車を運転して会社に駆けつける。

5:30 起床 ・お風呂で読書(カラマーゾフの兄弟(1)新訳
6:00朝食
・メニューはご飯となめこ味噌汁と鮭+梅+豆腐サラダなど定番の日本和食。
・朝のTVや新聞で情報収集、本日売れそうな芸能ネタをチェック。花に水、洗濯乾し。
7:00通勤
7:25出社。メールチェック。
8:00全社朝会
9:30朝礼開始。昨日の実売報告。
10:00ブックス部内会議
11:00来訪(出版社様)
12:00ランチ会議。
・この日は他部署の事業長と会社近くの始めて行ったフランス料理店シャルトルーズで。
13:30来訪(お客様)
14:00来訪(メーカー様)
16:00事業連絡会議
17:00メールチェック。ToDoチェック。トラブル対応。
19:00ブックスリーダー会議
21:00資料作成
23:00メールチェック
24:00帰社。行き付けの店で帰りに軽く一杯。
25:30帰宅
・旦那様へ夕飯の支度(メニューは焼きラーメン)
 キャベツ・人参・もやしなど野菜いっぱいで炒めました。
26:30ジャスミン茶の作りおき
お風呂、洗濯のタイマーセット。
27:00就寝

仕事で大変なことは?

 今、一番悩んでいるのは「マネージメントですかね。自分でやった方が早いとか、自分だったらこうやるのにっていう考えはいろいろあるので。それをチームのみんなにどうやってもらうかということに苦労しています」

 とはいえ「部下の適性はもちろんあって、個人によってできることの差はあります。でも、最終的には連帯責任という言葉をよく使うんですね。1人ができないことで、隣にできる人がいたのに仕事ができなかったら『それって良くないんじゃない?』みたいな感じ」

元木さん2食べることとゴルフが好き。「お給料は全部ゴルフと食べ物でなくなります!新しいサービスをリリースした時にみんなで飲むお酒が本当においしいですね」

 また「意外と挨拶とかはうるさく言います。若い会社だから企業を経験してる子が少なくて」と、部下に対する態度にブレや迷いはない。「名刺の渡し方や座り順の無意識のルールが意外とできていない。お客さんへの態度なんかは(遠くで見ていても)すぐに「またやってる!」なんてピンときちゃうんです」

 怒ることについても「内心は全然、怒ってないんですよ。でも怒る行為が絶対に必要な時がある。すぐに怒ってあげないと、何をしていいか分からなくなっちゃう人っていると思うんです。だから『なんでそうなの?なんでできないの?』と軽い感じでしょっちゅう言います」

 「でも本当に言わなければいけない時は個室に連れて行って個別に怒る。部屋を一歩出たら私自身は忘れちゃうんだけどね。全然、根に持たない」

 怒るだけではなく、普段から何かができたら「すごいじゃん!」と喜んだり、「そんなの分かんない」と気軽な口調で部下に質問するなど、女性ならではの柔らかい口調があることもうかがえる。

お気に入りのグッズ
okiniiri.jpg「鞄に入れている『カラマーゾフの兄弟』は、学生の時に読んでいたもので既に絶版です。同じ作品ですが、新訳が売れているので旧訳を読み比べてみたりしています」

写真左は仕事机の上。右は通勤カバンと、カバンの中身。「服装は少年系のボーイッシュなものか、キラキラ系のどちらかが好きなんです。

 ボーイッシュの方が仕事の性格には合いますけど、黒のロングスカートをはくこともあります。ブランドもBALLYなどのボーイッシュなのが好き。アクセサリーはモンブランが好きです」

楽天
ブックス&メディア事業長兼楽天ブックス取締役

元木忍

学習研究社での大手書店担当へのデータ営業を確立し、「P-NET」「書店マスタ」「新出版VAN」などの出版業界インフラを経て、2005年3月楽天へ入社。楽天ブックスでのサイト運営や物流改善を行い、書籍以外のCDやDVDなどのメディア商材を立ち上げた後、2006年に楽天ブックス取締役に就任。楽天のブックス&メディア事業部の事業長として現職に就く。2007年4月にリニューアルさせたサイトのトップページは「シンプルな出来にかなり満足」。でも「楽天ブックスヒトビト」は「似顔絵が可愛すぎる!」とお友達から怒られちゃいました。

取材を終えて

 目をキラキラさせて話すチャーミングな姿と、少しハスキーな声がとても印象的でした。部下との接し方に何種類ものバリエーションを持ち、育てる視点というのが女性ならではの管理職だと感じます。爽やかなアネゴという雰囲気もあり「この人の部下はやりやすいだろう」と思わせる仕事人でした。その一方で、プライベートの話になると目の輝きが一層増してしまう、とても魅力的な女性です。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]