logo

マイクロソフト、新検索インターフェース「Tafiti」公開

文:Rafe Needleman(CNET News.com) 翻訳校正:編集部2007年08月22日 13時50分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Microsoftが「Silverlight」と「Live Search」をベースとする検索エンジンのテスト版「Tafiti」をリリースした。TechCrunchでは、「人々はこれを使用するだろうか?」と問いかけているが、「おそらく使用しないだろう」というコメントが見られた。

 しかしTafitiを調査してみる価値はある。その派手なUIの裏側には、ごく普通の検索サイトに容易に実装可能な優れた機能がいくつかあるからだ。筆者はTafitiの「シェルフ」がお気に入りである。保存や後で参照したい検索結果をここにドラッグすることができる。またサイトを使用している間にTafitiが収集する検索クエリのスタックもよい。検索履歴を記録する検索エンジンもあるが、Tafitiの方法はそれよりも賢い。

Tafiti

 やや平凡な(しかし、なかなかしゃれた)機能として、検索結果を容易に絞り込むことのできるセカンダリの「フィルター」フィールドや、ウェブ、本、ニュースサイト、RSSフィードからの結果を異なる形式で表示する機能などがある。シェルフに保存した結果に対し、「blog this(ブログに投稿)」や「email this(メールで送信)」という機能もついている。

Tafiti ツリー表示
提供:CNET Networks

 また、非常に実験的で、ばかげた機能と紙一重でもある、検索結果の「ツリー表示」という機能もある。この機能は、筆者が蓄積している奇妙な検索技術のリストに加えておこう。

 TafitiはMicrosoftの公開テスト版であり、Googleに対抗するものではない。しかしGoogleは注意した方がよい。MicrosoftのTafitiは、検索サイトは退屈させることなく便利なものになり得ることを人々に伝えている。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。 海外CNET Networksの記事へ

-PR-企画特集