logo

キヤノン、約2110万画素35mmフルサイズのデジタル一眼フラッグシップ機「EOS-1Ds Mark III」

エースラッシュ2007年08月20日 18時46分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 キヤノンは8月20日、デジタル一眼レフカメラのフラッグシップモデル「EOS-1Ds Mark III」を11月下旬より発売開始すると発表した。

 EOS-1Ds Mark IIIは、2004年11月に発売された「EOS-1Ds Mark II」の後継機種。CMOSセンサーが約1670万画素35mmフルサイズから約2110万画素35mmフルサイズへとブラッシュアップされた。常用設定できるISO感度は100〜1600で、感度拡張機能によりISO50の「L」、ISO3200の「H」も選択できる。

 また、高性能映像エンジン「DIGIC III」を2個搭載したデュアル DIGIC III構成により、秒間約5コマの連写と、JPEGラージで約56枚、RAWで約12枚の連続撮影を実現している。さらに、高速・高精度な19点(F2.8対応)クロスセンサーと26点のアシストセンサーを備えたエリアAF、倍率約0.76倍を実現した新開発ファインダー、2種類のライブビュー撮影機能、3.0型大型液晶モニターの搭載なども大きな特徴だ。

EOS-1Ds  Mark III 「EOS-1Ds Mark III」

 そのほか、作動耐久30万回のシャッター、防塵防滴性能を備えたEFレンズやアクセサリーで実現する撮影システム全体の防塵防滴化、総合的なセンサーダスト対策「EOS Integrated Cleaning System」への対応など、プロの過酷な撮影状況に適応する高い信頼性を確保している。使用レンズは、センサーサイズが35mmフィルムと同等のため、EF-Sレンズを除くすべてのEFレンズがそのままの画角で使用可能。なお、価格についてはオープン価格となっている。

-PR-企画特集