「愛情サイズ」はより軽く小さく--松下、フルHDビデオカメラに新機種を発表

加納恵(編集部)2007年08月01日 17時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 松下電器は、SDメモリーカードにフルHD記録できるビデオカメラ「HDC-SD5」「HDC-SD7」とSD&DVDの両方に記録できる「HDC-SX5」の3機種を発表した。価格はオープン、SD5、SX5は8月25日より、SD7は9月8日より発売される。 全機種ともに、撮影画質は1920×1080ドットのフルHD記録を実現している。

HDC-SD5 現行機に比べ体積比約80%の小型化を行なったHDC-SD5

 SD5は現在発売されているHDC-SD3のコンセプトを踏襲した新モデル。ホールド感の高いヨコ型デザインを採用しながら、大幅な小型化を図っていることが特長だ。

 一方SD7は、スタイリッシュなタテ型デザインを採用。本体質量を290gと大幅な軽量化を実現している。

 SD&DVDのハイブリッドタイプとなるSX5は、SDカードに撮影した映像をビデオカメラ1台でDVDへとダビング保存することが可能だ。今回の新機種では、SX5のみファインダーが搭載されている。

 3機種ともに、新機能として内蔵メモリに約3秒間の映像を常時記録させる「プリREC」機能を搭載。プリRECボタンを教えておけば、録画スタート前の約3秒間さかのぼってSDカードに記録が可能だ。

 そのほか、従来製品に比べ約3分の1まで低減させた手ぶれ補正技術、黒つぶれや白とびといった画像をなくし、自然な撮影が行える「コントラスト視覚補正」機能などの撮影サポート機能を内蔵している。

 本体同梱品として、4GバイトのSDHCメモリーカードが付属する。

  • HDC-SD5 (予想実勢価格:14万円前後)
  • HDC-SD7 (予想実勢価格:14万円前後)
  • HDC-SX5 (予想実勢価格:15万円前後)
HDC-SD5、HDC-SD7、HDC-SX5 HDC-SD5(左)、HDC-SD7(中央)、HDC-SX5(右)。SD7のみブラックとシルバーの2色展開となる
  • このエントリーをはてなブックマークに追加