世界ブランドランキング、コカ・コーラとMSが上位キープ

文:Miriam Olsson(CNET News.com) 翻訳校正:編集部2007年08月01日 17時02分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 BusinessWeek誌とブランド測定企業のInterbrandが年次調査「Best Global Brands 2007」を発表した。それによると、世界ブランドのトップはCoca-ColaとMicrosoftの2社となった。この7年、Coca-Colaの1位、Microsoftの2位という順位に変動はない。

 3位以降トップ5には、IBM、General Electric(GE)、Nokiaの3社がランクインしている。Googleの順位はあがっており、2007年は20位となった。Googleは2006年よりブランド価値を44%増やし、2005年以来45%増となっている。Googleは、100位内に入ってわずか2年でのトップ20入りとなった。

 Best Global Brands 2007は世界の企業上位100社を選んでおり、その多くを米国企業が占めている。

 では、どうやってブランドの価値を計算するのか?このランキングは、今後そのブランドが生み出す金額を想定して決定している。重要なのは、ブランディングとマーケティング戦略、それに財務予測となる。

 2007年順位を大きく落としたのはFordで、2006年と比べ19%の減少となった。このほか、Gapが15%減、Kodakが12%減となっている。

 2007年のトップ10と各社のブランド価値は以下のようになっている。

1位、Coca-Cola、6500万ドル
2位、Microsoft、5900万ドル
3位、IBM、5700万ドル
4位、General Electric、5200万ドル
5位、Nokia、3400万ドル
6位、トヨタ自動車、3200万ドル
7位、Intel、3100万ドル
8位、McDonald's、2900万ドル
9位、Disney、2900万ドル
10位、Mercedes-Benz、2400万ドル

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。 海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加