モジラ、脆弱性2件を修正した「Firefox 2.0.0.6」公開

田中好伸(編集部)2007年07月31日 12時29分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Mozilla Japanは7月30日、脆弱性2件を修正した「Firefox 2.0.0.6」を公開した。

 今回修正されたのは、「エスケープされていないURIが外部プログラムに渡される」というものと、「クロームによって読み込まれたabout:blankウィンドウを通じた特権昇格」の問題の2件。同様の脆弱性は、Firefox 2.0.0.6のほか、「Thunderbird 2.0.0.6」「Thunderbird 1.5.0.13」でも修正されている。

 Firefoxのセキュリティアップデートは7月に入ってから2回目となる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加