logo

海外から日本のテレビを見ることも! ネット経由でパソコンをテレビにするビデオサーバー登場!

奥隆朗(編集部)2005年09月05日 00時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ソニー
内容:ソニーは以前から、自宅のAV機器に録画した映像をネットワークを経由して端末に送信し、どこからでもそれが見られる「ロケーションフリー」を、同社のエアボードシリーズで提唱してきた。今度は、このコンセプトをエアボードのような専用端末ではなく、通常のPCで実現できる「ロケーションフリーベースステーションパック LF-PK1」を発売する。

 「いつでもどこでも映像が見れる」これが、「ロケーションフリーベースステーションパック LF-PK1」の特長であり、同社が提供する「NetAV」のコンセプトだ。このいつでもどこでも、映像が見られる仕組みを指す「NetAV」を簡単に説明すると、自宅においたベースステーションが内蔵したテレビチューナーの映像や、接続されたDVD/HDDレコーダーで再生される映像をネットワークを介して配信するものとなる。

 これにより実現できることは、東京にベースステーションを設置しておけば、地方に出かけた場合にもローカル局経由ではなく、東京の番組が見れるようになる。また、海外に出かけた場合も同様で、通信の帯域さえ確保できれば、日本の番組をリアルタイムで見たり、自宅でタイマー録画した番組を見ることも可能になる。

 ベースステーション本体は、テレビチューナーと2系統の映像・音声入力を搭載するほか、AV機器をコントロールするための「AVマウス」を装備する。このAVマウスが赤外線リモコンの役目をするので、PCの画面上に表示される画面リモコンを使ってDVDやHDDレコーダーを外出先から制御する仕組みとなる。また、ベースステーションにはIEEE802.11b/g対応の無線LAN機能が装備されており、無線LANが届く範囲であれば、無線LANが装備されたノートPCを同社のエアボードと同様に、テレビの視聴に利用できる。

 テレビの部分を抜き出せば、あたかもISPなどが実施しているブロードバンドを利用した放送システムとと捉えられがちだが、放送と異なるのはベースステーションに機器を登録する必要があり、同時接続が不可能な点になる。「NetAV」を利用する場合には、まず認証作業を実施する。「LF-PK1」の場合には、登録できる機器は4台まで、1度に映像を見れる機器は1台に限定されるので、放送には該当しないという。

 なお、ソニーは詳細は明らかにしていないが、新しいコンセプト・カテゴリに属する製品として「ロケーションフリー」対応製品を拡充していく予定だという。その際には、同時接続台数や登録台数が、パーソナルユースの粋を超えない程度に増えた製品が登場することも期待できそうだ。

フォトレポート

ロケーションフリーベースステーションパック LF-PK1 (クリックすると拡大できます
「ロケーションフリー」を実現するライブストリーミング技術。ネット環境の変化に合わせて自動で帯域を変化させる「ネットワーク適応型VBR(Variable Bit Rate)」を利用している。 (クリックすると拡大できます
「NetAV」は専用プレーヤーで経路を暗号化して伝送するので、「LF-PK1」に登録するPCを増やす場合には「ロケーションフリーPCプレーヤー LFA-PC2」が必要となる。 (クリックすると拡大できます
海外にベースステーションを設置し、現地のドラマを日本で視聴するデモ。ソニーによると、2Mbpsの帯域が確保できれば、美しくコマ落ちのないなめらかな映像が見られ、100kbpsの帯域があれば、コマ落ち画像と明瞭な音声の組み合わせによって、リアルタイムでニュースを視聴できるという。 (クリックすると拡大できます
ベースステーションの前面。SetupモードのランプはPCの登録時などに点灯する。 (クリックすると拡大できます
ベースステーションの背面。2系統の映像・音声入力とテレビアンテナ端子、イーサネット端子を装備。 (クリックすると拡大できます
画面リモコンを利用して、外出先から自宅のAV機器の操作もできる。 (クリックすると拡大できます
ソニーによるとPCの登録は3クリックで完了するという。また、NetAVの設定に関してもUPnP対応のルーターであれば、ほとんど設定の手間は必要ないとのことだ。 (クリックすると拡大できます

デジタル製品

PCの記事一覧はこちら

-PR-企画特集