logo

フリービット、TOBでDTIを完全子会社化へ--ISP事業を本格展開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 フリービットは7月25日、完全子会社化を目的としてドリーム・トレイン・インターネット(DTI)の普通株式のすべてを公開買い付け(TOB)で取得すると発表した。

 DTIの筆頭株主である東京電力との間では、同日付で「公開買付応募契約書」を締結しており、同契約に基づき同社の保有する対象者株式45844株(発行済株式総数の96.19%)のすべてについて、原則としてTOBに応募する旨の同意を得ているという。

 DTIは、ネット草創期の1995年に三菱電機の関連会社として設立され、インターネット接続サービスとサポートを提供している。現在では東京電力グループとして、東京電力の光ファイバー事業と積極的な連携を行い、2007年3月末時点で約880万契約の光ファイバーユーザーを獲得している。

 フリービットでは、ユビキタスネットワーク社会に向けた中期経営ビジョン「SiLK VISION 2010」を策定しており、ユビキタスネットワーク技術を活かしてISPがさまざまななネットワークサービスの媒介役となる「Ubiquitous HUB」構想がその中心となっている。DTIの完全子会社化で自ら顧客を持つISP事業を営むことで、新世代ISPの事業領域を確立する計画だ。

 フリービットは、2007年6月のlivedoor接続サービス事業を会社分割により取得しており、今回のTOBも同戦略の一環として位置付けられている。DTIがフリービットのグループに加わることにより、ユビキタスネットワーク関連技術である「Emotion Link」をはじめとする独自技術を利用した新ユビキタスサービスをDTIユーザーに直接かつ速やかに提供することが可能となり、事業の進捗スピードが上がり、事業拡大と社会のユビキタス化に貢献できるとしている。

 買付金額の総額は53億6374万8000円(1株11万7000円での見積額)で、8月31日から決済を開始する。TOB後、最初に開催される対象者の株主総会において、フリービットから過半数以上の取締役の派遣、監査役全員の派遣を行う。またDTIの代表取締役は、フリービットが指名する者が就任する予定。

-PR-企画特集