4−6月 ヤフー最終益22%増 広告事業など好調

FujiSankei Business i.2007年07月25日 11時37分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ヤフーが24日発表した2007年度第1四半期(4〜6月)決算は、利用者の行動履歴などに基づき配信精度を高めた広告事業などが好調に推移し、売上高は前年同期比15・1%増の566億円、営業利益は23・7%増の296億円となった。

 経常利益は24・3%増の285億円、最終利益は22・7%増の162億円だった。広告事業のほか、不動産情報事業で掲載件数の大幅増や掲載料引き上げなどを背景に売り上げが倍増したほか、ネットショッピング、ネット競売事業でも出店者数が4割強増加し好調だった。

 ただ、ネット接続事業では、ソフトバンクBBとの業務提携契約の見直しを背景に売り上げが減少した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加