全24色のカラバリを用意--東芝「gigabeat U103」シリーズを発表

加納恵(編集部)2007年07月24日 19時24分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 東芝はデジタルオーディオプレーヤー「gigabeat U」シリーズに、全24色のカラーバリエーションを揃えた「U103」を発表した。同社の直販サイト「shop1048」及び家電量販店にて、本日より受注受け付けを開始する。ウェブ直販価格は1万3800円。商品の納入は受注後、2週間以内の予定だ。

 U103シリーズは、カラーバリエーションが全24色と豊富で、その色味は「臙脂色(えんじいろ)」、「柿渋色(かきしぶいろ)」、「石竹色(せきちくいろ)」とすべて日本の伝統色を採用している。

 1Gバイトのフラッシュメモリを内蔵し、128kbpsで約16時間の収録が可能。幅36.2mm、重量38gのコンパクトボディに、1.1型の有機ELディスプレイを備える。

 高音質プロセッサーである「DCTSC−ΔΣ1ビットDAC」を内蔵しているほか、FMトランスミッター&FMチューナーを搭載するなど、gigabeatらしい高音質、多機能設計だ。

 本体にはダイレクト録音機能を備えており、ステレオ録音も可能。10分間の充電で約3時間の連続再生が行える急速充電機能も装備されており、フル充電時で連続再生は約20時間。USB充電にも対応する。

gigabeat U103シリーズ gigabeat U103シリーズ。画像左より、臙脂色、つつじ色、たんぽぽ色、薄浅葱、青藤
  • このエントリーをはてなブックマークに追加