logo

CompactFlash規格でSATAサポートへ--業界団体がワーキンググループ

文:Stephen Shankland(CNET News.com) 翻訳校正:編集部 2007年07月24日 17時33分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 小型のフラッシュメモリの方が小型機器には便利だが、比較的大型のCompactFlash規格を推進する団体は、その技術の価値を維持するための努力を続けている。今回は、ここ数年間でハードドライブに採用されるようになった「Serial ATA」インターフェースを搭載しようとしている。

 同規格を推進する業界団体CompactFlash Associationは先週、メモリカードフォーマットを現行のパラレルATA規格に代わって、Serial ATAインターフェースへと刷新するためのワーキンググループを結成したと述べた。この移行により、転送速度が向上し、容量が増加する予定である。現行の最高レベルのCompactFlash製品の容量は32Gバイト、転送速度は40Mバイト/秒である。

 同団体によると、新しいカードは現行のカメラとの互換性を保ち、新しいカメラも現行のCompactFlashカードとの互換性を維持することになるという。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。 海外CNET Networksの記事へ

-PR-企画特集