バッファロー、同社初のUPA方式対応PLCアダプターなど3モデル

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 バッファローは7月19日、PLCアダプター3モデルを8月中旬から順次発売する と発表した。ラインアップと発売日は、UPA方式のPLCアダプター2個をセット にした「PL-UPA-L1/S」と、同製品向けの増設用単体モデル「PL-UPA-L1」が8月中旬。無線LAN専用ACアダプタにHD-PLC方式のPLC機能を内蔵した親機と、子 機のセットモデル「PL-HDP-AL1/S」が8月上旬。

 「PL-UPA-L1/S」は、親機の電源が入っていなくても子機同士の通信が行え る通信規格「UPA方式」を同社で初めて採用した親機/子機セットモデル。単 体モデル「PL-UPA-L1」を2個セットにしたもの。

 親機と子機の距離が最大150m離れた場所でも通信が可能。通信速度は理論値 で最大200Mbps。親機/子機の設定は不要。セキュリティ機能には3DES暗号化 方式を採用した。税別価格は1万6800円。

 「PL-UPA-L1」は「PL-UPA-L1/S」専用の増設用単体モデル。上面にあるセ ットアップボタンを押すだけで簡単にネットワークに接続できる。サイズは幅 50×高さ80×奥行き125mm、重さは約220g。税別価格は9300円。

 一方、「PL-HDP-AL1/S」は、同社の無線LANルータ「AirStation」専用ACア ダプタにPLC機能を内蔵した親機と、子機をセットにしたもの。「AirStation」 のACアダプタと親機を交換することで、1つのコンセントで無線LANとPLCを併 用できる。

 松下電器産業が提唱する通信規格「HD-PLC方式」を採用。接続可能な無線LANルータは同社の「WHR-G」「WHR-G54S」など12機種。通信速度は理論値で最大 190Mbps。親機1台に対して子機を最大15台まで接続できる。サイズと重さは、 親機が幅130×高さ49×奥行き67mmで320g、子機が幅123×高さ40×奥行き70mmで240g。税別価格は2万1000円。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加