logo

シャープ、「AQUOS Tシリーズ」に受注生産モデル2機種--倍速液晶を搭載

エースラッシュ2007年07月20日 19時16分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 シャープは7月20日、フルハイビジョン液晶テレビ「AQUOS Tシリーズ」2機種を、9月1日から受注精算モデルとして発売すると発表した。

 今回発売されるのは65V型の「LV-65TH1」と52V型の「LV-52TH1」の2機種。いずれもTHSが定めるホームシアター用の規格である「THX認定ディスプレイ規格」の認定を取得しており、映画製作者と同等の映像環境を家庭で再現することが可能だ。

 フルスペックハイビジョンパネルで120Hzの倍速駆動が可能な「倍速ASV液晶パネル」を採用しているため動きの速い映像でもクリアに再現可能。また、コントラスト比は2500:1を実現しており、室内照明が200ルクス時のリビングコントラストも1000:1と、ホームシアター環境でもリビングでもメリハリのある映像が楽しめる。視野角はマルチ画素技術を採用したことで、上下左右176度となっている。HDMS入力端子は3系統装備されており、AQUOSシリーズの録画機器等と連携できる「AQUOSファミリンク」にも対応している。

 価格はLV-65TH1が141万7500円、LV-52TH1が84万円。別売オプションとして、それぞれに対応した壁掛け金具と、LV-52TH1対応のフロアーラックおよび壁寄せスタンドもラインアップされている。

-PR-企画特集