logo

ハリポタ出版社、海賊版流通でウェブサイトらを提訴

文:Elinor Mills(CNET News.com) 翻訳校正:編集部2007年07月19日 15時56分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Los Angeles Times紙の報道によると、大人気「ハリー・ポッター」シリーズの米国版元である児童書出版社のScholasticが、複数のファイル共有サイト、流通業者、オンライン小売店を相手取り訴訟を起こしているという。Scholasticは、被告はシリーズ最新版のデジタル版および印刷版を認可なしにリリースしたと主張しているようだ。

 シリーズ完結編とされている第7巻「ハリー・ポッターと死の秘宝」は、予定では米国時間7月21日に発売開始となる。だが、Los Angeles Times紙によると、ファイル共有サイトに海賊版のダウンロードバージョンがアップされており、17日以降には印刷版1200冊が熱心なファンに郵送されているという。

 Scholasticはすでに複数のウェブサイトを提訴済みで、海賊版の電子バージョンを削除するよう求めているという。そして今回、流通事業者のLevy Home Entertainmentとその顧客であるオンライン小売店DeepDiscount.comを訴えた。印刷版の郵送は販売契約を侵害するものだと主張しているようで、Scholasticも声明文でこれを認めた。

 Scholasticの声明文では数字を明記せずに、「出荷された冊数は、全米で7月21日12時1分に発売開始する冊数の1%の100分の1」としている。

 Scholasticの関係者はこれ以上のコメントを控えた。

 Levy Home Entertainmentの受付担当者は、幹部はミーティング中でコメントに応じられないと述べた。DeepDiscount.comにもコメントを求めたが関係者は応じていない。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。 海外CNET Networksの記事へ

-PR-企画特集