logo

Firefox、欧州でシェア27.8%を獲得 - (page 2)

文:Tom Espiner(CNET News.com) 翻訳校正:編集部2007年07月18日 12時58分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 同氏は「Microsoftは将来成功を収めようと思うなら、ウェブアプリケーション分野に移行する必要があると気付いた。短期的には『Windows』や『Office』のビジネスが落ち込むことになるだろう。難しい状況だ。それに、Microsoftはどうやってこれらの資産を活用し、ウェブ分野における成功に結びつけるつもりなのだろうか?」と述べた。

 Microsoftは、Firefoxが欧州で市場シェアを拡大していることについても、ウェブサービス企業への転換に伴う困難についても、懸念していないと述べた。

 Microsoftの関係者は電子メールによる声明で「Windowsプラットフォームが選択され続けていることを誇りに思う。ハードウェアとソフトウェアの両面で、ユーザーに幅広い選択肢を提供してきたことがその一因だ」の述べた。

 同氏は「IEが何億もの人々に選ばれ、世界中のビジネスに採用されているのは、IEが提供する独自の価値のためだと考えているが、別のブラウザを選択するユーザーもいることは尊重する。各種ユーザーインターフェースの改善と並行して『IE 7』のセキュリティ向上にもかなりの労力を注いだ。そういった機能と世界レベルのユーザーサポートにより、ユーザーにとってIEは、有力な選択肢であり続ける」と記している。

 IEは現在にいたるまで多くのセキュリティ問題を抱えてきた。2007年2月にも、最新バージョンのIE 7に複数のバグが発見されている。Secuniaによると、2007年7月までに発行されたIE 7関連のセキュリティアドバイザリは10件で、そのうち1件が「緊急」レベルのものであった。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]