07年はテレビ需要の方向性が変わる変革点-シャープ寺川取締役に液晶テレビ戦略を聞く

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 液晶テレビが売れている。去年は同時期に開催されたサッカーワールドカッ プの需要が見込まれたが、今年は購入につながる目ぼしいイベントがなく、上 半期は苦戦すると見られていた。しかし、「BCNランキング」の6月の販売金額 データでは、前年同月比で21増%と好調だ。その背景や今後の見通しなどにつ いて、液晶テレビ「AQUOS(アクオス)」を擁してトップシェアを走るシャー プの寺川雅嗣・取締役AV・大型液晶事業統轄兼AVシステム事業本部長にうかが った。

【写真と記事詳細はこちら】
  • このエントリーをはてなブックマークに追加