トランスコスモス、モバイル事業強化のためザッパラスと資本・業務提携

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 トランスコスモスは7月9日、ザッパラスへの資本参加および、業務提携を行うことを発表した。

 この資本・業務提携により、トランスコスモスは、ザッパラスの発行済株式の2%を取得するとともに、両社間で包括的業務提携契約を締結する。

 また、具体的な事業提携の第1弾として、ザッパラスの100%出資子会社である、アレス・アンド・マーキュリーが展開しているモバイルコンテンツやモバイル広告事業での協業を推進する。また、アレス・アンド・マーキュリーへの資本参加も実施する予定だ。

 トランスコスモスは、インターネット広告サービス、ウェブインテグレーションサービスなど、インターネットおよびモバイルに関連する事業を幅広く展開している。一方、ザッパラスは、F1層と呼ばれる20代から30代の女性を中心としたモバイルユーザー向けに、占いを中心としたモバイルコンテンツの提供と、コスメやブランド品をキーワードにしたオンラインショップの運営などを行っており、有料コンテンツ会員で150万人、無料コンテンツ会員などを含めた総登録会員数は、2007年4月末現在で430万人にのぼっている。

 両社は、ザッパラスの保有するモバイルコンテンツの企画、開発、運用および、顧客管理・分析に関するノウハウと、トランスコスモスのウェブインテグレーションやプロモーション、リサーチなどを含めたマーケティングノウハウ、ユーザーサポートのノウハウを相互に提供することで、モバイル事業における新規ビジネス領域の創出を目指すとしている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加