logo

WPFが引き起こすデスクトップアプリの革新--Silverlightでウェブもカバー - (page 2)

鳴海淳義(編集部)2007年07月10日 08時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

開発者は.NETの開発環境を利用できる

 開発者にとってWPFのメリットは、.NETという開発環境を活用できるという点だ。ネイティブの開発ノウハウやスキルをSilvrlightのコンテンツにそのまま活かすことができる。

 またWindowsにのみ対応していることも一面では強みになる。開発対象OSをVistaとXPに絞れるほか、WindowsというOS、およびWindowsがアクセスしているハードウェア、具体的にはグラフィックカードと密接に連携が取れる仕組みになっており、OSとハードウェアの利点を活かしやすい。

 その反面、OS間の拡張性に難ありと見られがちだが、Silverlightによってブラウザ上の可用性を確保している。OSごとに実行ファイルである「exeファイル」で配布するよりは、ウェブブラウザという一般的なインターフェイスをそのまま利用するという考え方だ。

070705_wpf1.gif WPFは表現力を、Silverlightは拡張性を高める

 Microsoftが5月にアルファテストを開始したマッシュアップツール「Popfly」も実はSilverlightで構築されている。Popflyでは、ブラウザ上で視覚的にウェブサービスを組み合わせたり、コードを記述せずに新しいアプリケーションを作成することができる。各ウェブサービスを表すブロック型のアイコンをドラッグ&ドロップで合体させるなど、Silverlightならではの3D表現を活かしている。

Popfly「Popfly」ではブロックを組み合わせる感覚で開発できる  提供:Microsoft

成果物はデスクトップとウェブの2種類

 WPFでは2種類のコンテンツを開発できる。1つはデスクトップで動作する.exeファイル、もう一方がWPFのアプリケーションをブラウザ上で利用できるXBAP(XAMLブラウザアプリケーション)という形式のファイルだ。WPFで開発されたコンテンツはダブルクリックしてデスクトップ上で実行することも、ウェブブラウザのブックマークに登録して開くことも可能となっている。

 1つのアプリケーションを開発し、その出口にexeファイルとXBAPを選ぶことができる。そういう意味でWPFはウェブアプリであり、デスクトップアプリであると言えるだろう。ちなみに、前ページで紹介したuniveRSSはexeファイルで提供されるデスクトップアプリケーションで、旭山動物園のコンテンツはブラウザから閲覧するXBAPだ。

WPFとSilverlight、Adobeの「AIR」と「Flash」

 WPFとSilverlightはその機能上、Adobeのアプリケーション実行環境である「AIR」や、ブラウザプラグイン「Flash」と対比して語られることが多い。すでに90%以上普及しているFlashを除けば、WPFとSilverlight、そしてAIRの3つの新プラットフォームが時期を同じくしてスタートを切ろうとしているからだ。

 もちろんそれぞれに性質は異なるが、あえて対比するとすれば、WPFとAIRがどちらもデスクトップアプリケーションを志向したプラットフォームである点が共通する。そしてSileverlightとFlashは、ともにブラウザの表現をよりリッチにするためのプラグインである。WPFとAIRはデスクトップを、SilverlightとFlashはブラウザを活動範囲としている。

 WPFとAIRには共通点もあるが、その方向性は大きく異なる。どちらもデスクトップアプリケーションを志向しているが、AIRはHTMLやJavaScriptといったウェブの標準的な技術でデスクトップアプリケーションを構築できるところが特徴であるのに対し、WPFは.NETというOSネイティブの開発環境を活かしたデスクトップアプリケーションを作成できるのが持ち味。どちらも両社の得意分野を活用しているのが明らかだ。

 OSとウェブ--異なる方向から新たなデスクトップアプリケーションを生み出すプラットフォームが動き始めた。ウェブアプリケーションがあれば何もいらない? 本当にそうだろうか。これらの技術が普及すれば、デスクトップアプリケーションを起動するのが今よりも少しだけ楽しくなるかもしれない。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]