カシオとドコモ、中小店舗向け電子決済・店舗支援サービスで新会社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 カシオ計算機とNTTドコモは7月3日、電子決済サービスの新会社「CXDネクス ト」を7月9日に設立すると発表した。資本金は7億5000万円。ドコモの携帯電 話決済用システム「iD」など電子決済サービスを提供し、売り上げ集計や分析 などの支援サービスも行うもので、個人商店や5店舗程度までの中小売り・サー ビス業を対象とする。

 出資比率はカシオが60%、ドコモが40%。社長にはカシオの尾平泰一・開発 本部システム統轄部第一開発部事業開発室室長が就く。従業員は20名で、9月1日に営業を開始する。今後5年で、「新規事業の立ち上げでは社内で了解とな っている年商100億」(樫尾常務)を目指す。

 電子決済サービスでは「iD」やクレジットカードの売り上げ処理や請求・精 算業務の代行サービスを提供。「iD」の決済ではドコモのデータセンターを利 用する。また店舗支援サービスでは、売り上げデータを30分ごとに自動集計し、 帳票やグラフに加工して専用ウェブサイト上に表示。さらに、売り上げ速報や 業務連絡を携帯電話へ配信する機能も提供する。このほか、レシートに独自の プロモーションメッセージ印字するサービスも行う。料金は未定。従来のPOS を使った同様のサービスでは、初期投資を含めた初年度の投資額は約50万円程 度になるが、新サービスでは5-10分の1程度の投資額になる見通し。

 新会社の設立に合わせ、カシオではサービスに対応しインターネットに直接 接続できる電子レジスターを8月1日に発売。「IT化を望むができない中小店舗 の悩みを解決」(樫尾彰・カシオ計算機常務)することで、約200万店といわ れる中小小売りやサービス業を開拓する。

 ラインアップは、ストロークキーを採用した小売りやサービス業向けの「TE-2500」、タッチキーを採用した飲食店向けの「TK-2500」の2機種。いずれも 売り上げ処理がレジ上の操作で完了するため、二度打ちが不要。さらに本体に はLANポートを備え、一般のADSLや光ファイバーと接続すれば自動的にCXDネク ストのデータセンターに接続するしくみになっている。

 またVPN(仮想私設網)機能も内蔵し、セキュリティにも配慮した。サイズ は幅330×奥行き360×高さ240mmで、カラーはホワイトとブラックの2色。価格 はオープンで、実勢価格は「TE-2500」が7万円前後、「TK-2500」は8万円前後 の見込み。「iD」のクレジットカードや対応するおサイフケータイの読み取り には専用端末「KT-10」が別途必要。

 発表会で樫尾常務は「電子決済がいろいろとある中で、今後どれがメジャー になるかを判断した結果、『iD』が一番事業的にメリットがあると判断した」 とドコモと手を組んだ理由について述べた。一方、NTTドコモの夏野剛・執行 役員は「電子決済、おサイフケータイは(個人利用から法人利用への)次のフ ェーズに入った。(iDが)中小小売業のインフラになり、流通業のIT革命を起 こす」と自信を見せた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加