logo

オンラインストレージ「Windows Live Folders」、ベータテストを開始

鳴海淳義(編集部)2007年06月28日 17時05分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Microsoftのオンラインストレージサービス「Windows Live Folders」が27日にベータテストを開始した。現在のところ、米国からのみ利用可能となっている。

 Windows Live Foldersはオンラインにファイルをアップロードし、友人やそのほかのインターネットユーザーとファイルを共有するサービスだ。利用できる容量は500MBで、一度にアップロードできるサイズは50MBまで。

 ウェブ上に作成したフォルダには、「個人フォルダ」、「共有フォルダ」、「公開フォルダ」の3種類のアクセス権限を設定することができる。マイクロソフトによれば、すべてのファイル転送はSSLを通じて保護されるという。

 個人フォルダは自分だけがアクセスできる設定で、重要なファイルをアップロードしておいて外出先や勤務先のPCから取り出すという用途に向いている。

 共有フォルダには同僚やクラスメートとの共同作業に関連したファイルをあげておく。読み取りのみ可能、ファイルの追加や削除も可能など、ユーザーごとに権限を細かく設定できる。なお、共有メンバーもWindows Live IDを取得しておく必要がある。

 公開フォルダは、あらゆるインターネットユーザーがアクセスできるが、中にあるファイルに変更を加えることはできない。すべてのフォルダおよびファイルに固有のURLが割り振られているため、そのURLをメールなどで知らせれば、自分の公開フォルダを見せられる。

 このサービスはWindowsまたはMacintoshから利用できる。対応ブラウザはFirefox 1.5以上、Internet Explorer 6.0以上。

 Microsoftはユーザーからのフィードバックを得て、今後1、2カ月で機能拡張を行う予定だ。

070627_livefolders.jpg Windows Live Foldersのトップページ 現在、日本からは利用できない

-PR-企画特集