logo

KDDI、「W53T」にヒンジ部分が緩む不具合--7月中旬から無償交換

エースラッシュ2007年06月27日 20時30分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 KDDIと沖縄セルラーは6月27日、東芝製のau携帯電話端末「W53T」に不具合があることを確認、無償交換を行うことを発表した。

 W53Tの不具合はヒンジ部分に発生する。部品の材料強度の低下によって、開閉操作を繰り返すとヒンジ部分が緩み、閉じた状態や開いた状態を維持できなくなるというものだ。対象端末W53Tは東芝製の端末で、6月26日現在の稼動台数は5万2800台となっている。

 同社では対象端末の無償交換を予定している。準備が整い次第開始する予定で、7月中旬頃になる見込みだ。対象ユーザーには書面で案内が行われるほか、同社ウェブサイトでも案内が掲載される。交換はauショップおよび一部店舗を除くPiPit店で行われる。

-PR-企画特集