logo

ファイル圧縮ソフト「+Lhaca」に脆弱性、XPでバックドアを開く可能性も

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 シマンテックは6月26日、圧縮形式のLZHファイルに注意を呼びかけるセキュリティ情報を発表した。これは、6月22日に日本のユーザーから提出されたLZHファイルに、疑わしい点が明らかになったというもの。

 提出されたファイルを検証したところ、複数のNOPスレッド、シェルコードに似たコードブロック、暗号解読用コード、エンコードされた実行ファイルが圧縮ファイル自体に入っており、ファイルフォーマットを悪用する際に必要な構成要素のすべてが含まれていることが判明した。

 さらに、Symantec Security Responseチームに所属する末長政樹氏が行った初期分析により、少なくともファイル圧縮ソフト「+Lhaca デラックス版バージョン1.20」が脆弱性を持つことが明らかになった。日本語版Windows XP上で前述のLZHファイルが実行された場合、WindowsのSystemsフォルダにバックドアが開く可能性がある。また、別のLZHアーカイブも放出される。

 シマンテックセキュリティレスポンスでは、引き続き関連情報を監視するとともに、必要に応じて最新情報やセキュリティ情報を提供するとしている。

-PR-企画特集