logo

「字幕in」を活用した日本語字幕コンクール、戸田奈津子氏が審査

鳴海淳義(編集部)2007年06月22日 20時10分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 字幕inは6月22日、同社の字幕入力システムが神田外語グループ主催の日本語字幕翻訳コンクールに採用されたことを発表した。このコンクールは角川映画配給の映画「ミス・ポター」を題材としたもので、ウェブ上のフォームに文字を入力するだけでリアルタイムに映像に字幕を反映できる仕組みだ。

 審査委員長は字幕翻訳家の戸田奈津子氏が務める。同氏らの監修により、字幕の文字数制限、タイムラインに同期させた原文/日本語の同時表示といったシステムがカスタマイズされている。

 字幕.inによればリアルタイムに映像に反映される字幕コンクールは史上初の試み。今後はPRツール以外に、教材や外国語学習ツールとしての利用も検討していくという。

070622_jimaku.jpg字幕翻訳コンクールの入力画面

-PR-企画特集