logo

アッカ、WiMAXによる無線ブロードバンド事業に向けた事業企画会社を設立

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 アッカ・ネットワークスは6月21日、子会社としてアッカ・ワイヤレスを設立すると発表した。設立登記は7月上旬を予定している。

 アッカ・ネットワークスでは、次世代高速無線ネットワークであるWiMAXを用いた無線ブロードバンド事業を開始することを目指しており、この事業の実施に関する総合的な調査・検討を行うことと、総務省が交付する同事業免許を取得するために必要な準備を行うための事業企画会社としてアッカ・ワイヤレスを設立する。

 アッカ・ワイヤレスは、アッカ・ネットワークスが100%出資する子会社で、資本金は300万円、発行済株式総数は6000株となる。事業免許取得のための事業企画会社であり、同事業目的の範囲内においては当事業年度の業績への影響は軽微としている。また、総務省が決定し交付する事業免許取得後は、同会社を事業会社に移行する予定だという。

-PR-企画特集