logo

最終兵器は「薄いワンセグ」? 携帯電話の人気を支える2つのキーワード

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 新規購入や買い替え需要が活発になる春商戦向けに、各携帯電話事業者(キ ャリア)が打ち出した「ワンセグ」と「薄型」の2つのキーワード。5月下旬か ら店頭に並び始めた夏モデルでも、薄さを第一のウリにする「スリムケータイ」 が花盛りだ。一方、「ワンセグ」は、夏モデル15機種中7機種と積極的に取り 入れるau、個性的な4機種をラインアップするソフトバンクモバイルの充実ぶ りが目を見張る。07年5月までの「BCNランキング」から、ワンセグケータイと 薄型ケータイの浸透度を検証する。

●5月のキャリア別ワンセグ対応率 auはほぼ5割、ドコモは前月よりダウン

 06年4月のスタートから1年余りの「ワンセグ」放送。従来のアナログ放送に 比べ、安定した映像で外出先や家のなかで手軽にテレビが見られるとあって、 携帯電話を筆頭に、パソコン、カーナビ、電子辞書、携帯ラジオなど、さまざ まな機器に搭載され始めている。字幕表示や電子番組表(EPG)、ワンセグ独 自のデータ放送など、デジタルならではの便利なサービスも利用できるのも 「ウリ」だ。携帯電話の場合は、2-3インチの大きめの液晶画面を通常のテレ ビのように横位置にして見るスタイルが多い。

【図と記事詳細はこちら】

-PR-企画特集