自然な遮音性と抜群のフィット感が心地良いカナル型ヘッドフォン、SHURE「SE210/SE310」 - (page 3)

エースラッシュ2007年06月06日 20時54分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
SHURE
内容:プロ用音響機器メーカーとして知られるSHUREから、最新のカナル型ヘッドフォン「SE210」と「SE310」が発売された。そこで今回は、新たに採用された「ソフト・フォーム・イヤパッド」の装着感や遮音性、気になる音質などについてレポートしよう。

抜群の遮音性とストレートなサウンド表現

 早速SE210にソフト・フォーム・イヤパッドを付けて装着したところ、まずはその耳に吸い付くようなフィット感と抜群の遮音性に驚かされた。まるで耳栓をしたように周囲の雑音が聞こえなくなり、通勤で混みあう電車内が全くの別世界に感じられるほどである。確かに、使い始めはベストポジションに装着しづらかったり、ケーブルを耳の上部にかけて後頭部へ回りこませる方式に違和感を覚えるかもしれないが、慣れてしまえば逆にしっかりと固定できズレなども少ない。

  • 自然な遮音性と独特のフィット感を生む、適度な柔らかさのソフト・フォーム・イヤパッド

 ケーブルの長さについては本体が約45cmと、E Seriesよりも大幅に短くなっている。これは、胸元に「iPod shuffle」を取り付けたり、ポータブルプレーヤーのリモコンを接続したいユーザーにとっては丁度良い長さといえるだろう。もちろん91cmの延長ケーブルも付属しているので、プレーヤーをバッグなどに入れて音楽を聴く場合も安心だ。

 肝心の音質面はといえば、全体のバランスを崩すことなく、管楽器などの高音域まで美しく表現されている。変に色付けをせず、プロのミュージシャンが伝えたい音をストレートに出力してくれるので、ロックやポップスはもちろん、クラシックなど繊細な楽曲を聴くのにも向いているだろう。また、ここでもソフト・フォーム・イヤパッドの遮音性が活きており、ノイズキャンセリング機能とは違った独特のリスニング環境を生み出している。

 次にSE310で同じ楽曲を聴いてみたところ、ドライバ周辺の空気の流れを改善する「チューンド・ベースポート」の影響からか、SE210と比べて低音に厚みが増している印象を受ける。しかし、単に低音だけを強調したイメージではなく、むしろ低音の増強により他の音が引き立てられているといった感じだ。

 また、SE210とSE310は音楽を聴かない時も、耳に装着しているだけで抜群の遮音効果が得られる。これは、ノイズキャンセリング機能の“作られた遮音空間”という印象が苦手なユーザーにもぜひオススメしたいところ。ただし、車内アナウンスなど人の声も聴き取りづらくなるため、電車の乗り過ごしには十分注意していただきたい。

  • 本体のケーブルが約45cmと短い代わりに、91cmの延長ケーブルが付属している

  • 持ち運びに便利なキャリングポーチも付属

  • E Seriesにあったケーブルを巻きつける機構は廃止されている

同価格帯の製品と比べても実力はトップクラス

 高音と低音が強調された、いわゆる“ドンシャリ系”の音が好きな人は少々物足りなさを感じるかもしれないが、両製品ともに同価格帯ではトップクラスの実力といえるだろう。なんといっても、絶妙なフィット感と密閉性を兼ね備えたソフト・フォーム・イヤパッドは一聴の価値ありだ。

 SHUREからは既に上位モデル「SE420」「SE530」「SE530PTH」が発表されている。SE530は既存ラインアップの「E500」を名称変更し「PTH(Push-To-Hearコントローラ)」の有無に分けたものだが、SE210とSE310のクオリティを考えると、いずれも発売が待ち遠しいところだ。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]