OSJなど、Zope/PloneのフルOSSで公共団体ウェブサイトを構築

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 オープンソース・ジャパン(OSJ)と管理システムは6月4日、国土交通省東北地方整備局釜房(かまふさ)ダム管理所のウェブサイトをフル・オープンソースで構築したことを発表した。

 国土交通省東北地方整備局釜房ダム管理所は、地域におけるダムへの理解の促進を目的にウェブをリニューアル。リアルタイムでのダムの水位、雨量、放流量や画像情報の提供や、子ども向けページの新設、フォトギャラリー、タイムリーに情報を伝えるブログなども新設した。

 サイトのリニューアルにあたって入札が実施され、インフラも含めてオープンソースの積極活用を提案した管理システムの提案が採用されている。

 同サイトの核となるCMSには、スクリプト言語Pythonで開発されたフレームワークのZopeと、Zope上で稼動するCMSであるPloneを採用している。

 OSJと管理システムでは、今回の実績をもとに公共団体などのポータルサイト構築事業を推進し、今後1年間で5件のシステム構築を目指す。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加