logo

フォトレポート:「4次元」の高解像度人体画像

CNET News.com Staff2007年05月29日 12時13分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 カルガリー大学医学部の研究者たちは「Caveman」と呼ばれる、人体の4次元イメージを拡大表示する電子システムの開発に、6年を費やした。第4の次元である時間の経過が、研究対象となる人体にどのような影響を与えるのか、表現することが可能になった。写真はメディカルスクールのSun Center of Excellence for Visual GenomicsのディレクターであるChristoph Sensen氏とCavemanのモニタールームである「Cave」内部の投影イメージ。Visual Genomicsセンターは、ネットワークコンピューティング企業であるSun Microsystemsの協力のもと、2002年に開設された。
Scroll Right Scroll Left

 カルガリー大学医学部の研究者たちは「Caveman」と呼ばれる、人体の4次元イメージを拡大表示する電子システムの開発に、6年を費やした。第4の次元である時間の経過が、研究対象となる人体にどのような影響を与えるのか、表現することが可能になった。写真はメディカルスクールのSun Center of Excellence for Visual GenomicsのディレクターであるChristoph Sensen氏とCavemanのモニタールームである「Cave」内部の投影イメージ。Visual Genomicsセンターは、ネットワークコンピューティング企業であるSun Microsystemsの協力のもと、2002年に開設された。

提供:Jeff McIntosh/University of Calgary

 カルガリー大学医学部の研究者たちは「Caveman」と呼ばれる、人体の4次元イメージを拡大表示する電子システムの開発に、6年を費やした。第4の次元である時間の経過が、研究対象となる人体にどのような影響を与えるのか、表現することが可能になった。写真はメディカルスクールのSun Center of Excellence for Visual GenomicsのディレクターであるChristoph Sensen氏とCavemanのモニタールームである「Cave」内部の投影イメージ。Visual Genomicsセンターは、ネットワークコンピューティング企業であるSun Microsystemsの協力のもと、2002年に開設された。

-PR-企画特集