logo

パナソニック、広角28mmレンズ搭載の1220万画素コンパクトデジカメ「LUMIX DMC-FX100」を発売

エースラッシュ2007年05月22日 18時40分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 パナソニックマーケティング本部は5月22日、広角28mmレンズを搭載した1220万画素のコンパクトデジタルカメラ「LUMIX DMC-FX100」を、6月15日より発売すると発表した。

 FXシリーズのフラッグシップモデルとして発表されたDMC-FX100は、広角28mmズームレンズ搭載のコンパクトデジタルカメラで世界初となる有効画素数1220万画素を実現。従来モデルと同じく、撮影状況に応じてカメラが手ブレや被写体ブレを自動補正する「トリプルブレ補正」も採用している。

 ズーム機能については35mm判換算で28〜100mmの光学3.6倍ズームを搭載するほか、撮影モードが300万画素以下の時は最大7倍となる「EX光学ズーム」も装備している。また、ワンプッシュで望遠端まで一気にズームできる「イージーズームボタン」、1280×720画素のHD解像度で秒間15コマの動画撮影機能、毎秒8コマの高速連写モードが追加された合計20種類のシーンモード、写真をカテゴリー別に自動分類して再生やスライドショーが行える「カテゴリー再生」なども特徴だ。

 カラーバリエーションはブレードシルバー、エスプリブラック、ミラージュゴールドの3種類。価格はオープン価格で、月産台数は5万台を予定している。

LUMIX DMC-FX100 「LUMIX DMC-FX100」

-PR-企画特集