セーラー広告、6月21日ジャスダック上場--調達資金で財務面強化

島田昇(編集部)2007年05月22日 16時03分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 総合広告サービスのセーラー広告は5月21日、ジャスダック市場への新規上場申請をし、承認された。公開予定日は6月21日で、証券コードは2156。

 上場にともなう調達資金は1億5737万円になる見込み。財務体質強化を目的に、全額借入金返済資金に充当する。

 公開株式数は公募および売り出しがそれぞれ54万株、オーバーアロットメントが16万2000株。発行価格は6月1日までに仮条件を決定し、6月12日に価格を決定する。主幹事証券会社は大和証券エスエムビーシーが務める。

 セーラー広告は1951年設立(旧社名:セーラー工藝社)。1959年に現社名へ社名変更した。各種メディアを活用した広告の企画、立案制作、広告枠の販売およびセールスプロモーションなどの総合広告サービスを手がけ、近年はネット関連広告が伸びている。

 2006年3月期の売上高は前期比2.2%増の100億4022万円で経常利益は同2.7%増の3億6218万円、純利益は1億9039万円(前期は4128万円の純損失)だった。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加