logo

フォトレポート:韓国政府が選んだ身体障害者支援デジタル製品

CNET News.com Staff2007年05月15日 15時42分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 韓国政府は2003年以来毎年、身体に障害を持つ人々がコンピュータなどの電子機器を使って作業することを支援するための技術開発を委託している。有望と思われる技術は、同政府によって選ばれ、試験実施に向けて多くの試作品が作成される。ここでは、韓国の情報通信部および情報文化振興院(KADO)が2007年に選んだ試作品10点を掲載する。テーブルトップ拡大鏡「SenseView」は、コンピュータ画面に画像や文書を拡大表示する。
Scroll Right Scroll Left

 韓国政府は2003年以来毎年、身体に障害を持つ人々がコンピュータなどの電子機器を使って作業することを支援するための技術開発を委託している。有望と思われる技術は、同政府によって選ばれ、試験実施に向けて多くの試作品が作成される。ここでは、韓国の情報通信部および情報文化振興院(KADO)が2007年に選んだ試作品10点を掲載する。テーブルトップ拡大鏡「SenseView」は、コンピュータ画面に画像や文書を拡大表示する。

提供:KADO

 韓国政府は2003年以来毎年、身体に障害を持つ人々がコンピュータなどの電子機器を使って作業することを支援するための技術開発を委託している。有望と思われる技術は、同政府によって選ばれ、試験実施に向けて多くの試作品が作成される。ここでは、韓国の情報通信部および情報文化振興院(KADO)が2007年に選んだ試作品10点を掲載する。テーブルトップ拡大鏡「SenseView」は、コンピュータ画面に画像や文書を拡大表示する。

-PR-企画特集