ありそうでなかった新発想デザイン--サムスン「YP-K5AB」 - (page 3)

直枝優樹(D☆FUNK)2007年05月09日 19時00分
日本サムスン
YP-K5AB
内容:デジタルプレイヤーはいまや音楽が聞けて当たり前、動画やワンセグ、ノイズキャンセルなど様々な機能を搭載するようになった。そんな中、サムスンから本体に高性能のスライド式スピーカーを一体化させた「YP-K5AB」が発売された。スピーカーでもヘッドフォンでも2WAYのリスニングを1台で行えるギミックが楽しい、デジタルプレイヤーの登場だ。

フォルダ分けはソフト側で管理、簡単操作のインターフェース

  • 音楽ライブラリを「情熱的」、「陽気」、「心地よい」、「静か」など4つのカテゴリーに自動分類する独自機能を内蔵する

 音楽管理ソフトでは、自分の音楽ライブラリを、アーティスト、曲名、アルバム名、お気に入り順などの項目ごとに並び換えられる。

 独自機能として、音楽の傾向を「情熱的」、「陽気」、「心地よい」、「静か」と4つのジャンルに曲の判別が行える「マイミュージックスタイル」を採用。それぞれ傾向別に色分けされ、ライブラリ画面の一番左側に色で識別される。気分に合わせた曲選択が簡単に行える。

  • 音楽管理ソフトは、「iTune」ライクな作りで操作しやすい

 ソフト画面上の一番上にある大きなアイコンで、本体のライブラリ画面、CDアルバムの表示を切り替える。「ストア」は文字通り、音楽の購入サイトへ直接つながる項目だが、現在は日本語対応ではない。また、本体の対応フォーマットはMP3、WMA、OGGの3種類だ。

 なお、プレイヤー本体には、アーティストやアルバムで検索できる機能がない。このため、好きな曲を効率的に選ぶためには、あらかじめ音楽ライブラリとは別画面で「マイアルバム」というプレイリストを作る必要がある。

 フォルダへの曲の転送は約2〜3秒で終了するが、プレイヤー本体で曲を探すわずらわしさを考えれば、日頃からフォルダを作成しておいた方がいいだろう。

  • プレイヤーへの転送には少し時間がかかったが、それでも約60分のアルバム1枚につき約3分程度で完了した

  • プレイヤー本体ではアーティスト検索などができないため、「マイアルバム」というフォルダを作ると便利

  • 本体では、アーティスト別の検索ができないので、管理ソフトで予めアルバム、アーティストなどにフォルダを作成しておく

周囲と差をつけられるデザインとスライドスピーカー

  • ボディにはブラックマグネシウム素材を採用。軽量かつ丈夫なのが特長だ

 携帯電話や薄型テレビのデザインが欧米で人気を集めた実績があるサムスンだけに、デジタルプレイヤーもスタイリッシュだ。黒の鏡面仕上げの中に、青色のLEDが美しく浮かぶ。机の上のおしゃれアイテムとして、置いておきたくなる。

 音質面でもヘッドフォンやスピーカーはそれぞれ納得できるつくりに仕上がっている。特に友達に好きな曲を聴かせながら、お気に入りの写真を見せたりと、これまでとは異なる使い方ができるのも大きな魅力だ。

 これで動画が映れば完璧なのだが……既存のデジタルプレイヤーでは飽きたらず、個性的なプレイヤーが欲しい人には最適だろう。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]