ありそうでなかった新発想デザイン--サムスン「YP-K5AB」 - (page 2)

直枝優樹(D☆FUNK)2007年05月09日 19時00分
日本サムスン
YP-K5AB
内容:デジタルプレイヤーはいまや音楽が聞けて当たり前、動画やワンセグ、ノイズキャンセルなど様々な機能を搭載するようになった。そんな中、サムスンから本体に高性能のスライド式スピーカーを一体化させた「YP-K5AB」が発売された。スピーカーでもヘッドフォンでも2WAYのリスニングを1台で行えるギミックが楽しい、デジタルプレイヤーの登場だ。

スライドスピーカー内蔵で高音質サウンドを再現

 注目のスピーカーだが、本体をスライドさせると姿を現わす。スライドさせると同時に音声出力がスピーカーに切り替わるので、直感的に操作が行える。

 液晶画面はスライドスピーカーを開くと、縦画面から横画面に変化する「オートピボット」を採用。また音が聴きやすくなるように、スピーカー部を斜めに立たせられるのも便利だ。スピーカーに切り替えても約6時間使用できるので、通常の使用で電池切れで困るということはないはずだ。

 スピーカーは、ノートPCなどのスピーカーの音質を一歩向上させたレベル。だが、手の平に収まるサイズの割には、音量が出るのに驚かされた。

 しかも、ボリュームを上げてもほとんど音割れがしない。さすがに、バスドラムやベースなど低域は聴き取りづらいが、中高域が通るので、どんな曲が流れているのかはよく分かる。

 スピーカーの厚みがあるぶん、本体の薄いプレイヤーよりも持ちやすく、扱いやすかった。ただ、本体の検索機能が強化されていないのが、唯一残念な点だった。

  • 下半分をスライドさせるとスピーカーが現われる。コンパクトサイズだが音割れもせず、ハイクオリティサウンドだ

  • スピーカーの部分が斜めに向くように設計されており、そのまま置いてもリスニングが可能だ

  • スピーカーをスライドさせれば、画面表示が横表示に自動で切り替わる。閉じると縦表示に戻る

音楽、写真、FMラジオと3つの機能を扱える

  • FMラジオリスニング中の表示画面。局によって違いはあるものの、受信感度はおおむね良好だった

 さて、具体的な機能面に移ろう。YP-K5ABは音楽リスニング、画像閲覧、FMラジオと、大きく分けて3つの機能を備えている。操作画面自体は、通常のデジタルプレイヤーと変わらず、3つに分かれたメニュー画面を切り替えるだけでいい。

 まず、FMラジオだが、ヘッドフォンのケーブルがアンテナになっているので、受信感度も比較的高く、どの放送局でもノイズが少なかった。放送を録音することはできないが、購入のポイントになりそうだ。

  • 画像閲覧は、写真を4枚ごとにサムネイル表示ができ、スライドショーもできる

 写真の閲覧機能は音楽を流しながらでも楽しめる。4枚ずつのサムネイル表示も可能で、約2秒間隔でのスライドショーもできる。好みの写真を選んでスクリーンセーバーとして表示させることも可能だ。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]