ドコモ、FOMA用の持ち運び充電器を開発

永井美智子(編集部)2007年05月07日 22時13分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 NTTドコモはリチウムイオン電池を内蔵した持ち運び可能な充電器「FOMA補助充電アダプタ 01」を5月8日より販売する。リチウムイオン電池を内蔵しているため、外出先など電源のない場所でも携帯電話の充電が可能だ。

FOMA補助充電アダプタ 01 FOMA補助充電アダプタ 01

 FOMA ACアダプタを使用し、FOMA補助充電アダプタ 01にFOMA端末を接続した状態で充電すれば、携帯電話と充電器を同時に充電できる。補助充電アダプタ 01のみを使った場合、約4時間で携帯電話端末を充電できるという。

 対応端末は900iシリーズ以降に発売されたFOMA端末。大きさは高さ69mm×幅56mm×厚さ14mm。ケーブルの長さは約410mmで、重さは71g。電池残量を確認できるLEDも搭載している。販売は全国のドコモ取扱店およびドコモオンラインショップ。オープン価格で、ドコモオンラインショップでは3150円で販売される。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加