富士ソフトとユビキタス、デジタル家電のネットワーク対応ソリューション

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 富士ソフト(野澤宏社長)とユビキタス(川内雅彦社長)は4月24日、デジ タルテレビ(DTV)やデジタルビデオレコーダーなどのデジタル家電のネット ワーク対応ソリューションの開発・販売で協業すると発表した。

 富士ソフトの柔軟なDTVミドルウェアと、ユビキタスのコンパクトで軽量・高速なネットワーク製品をDTVネットワーク対応ソリューションとして組み合 わせたもの。富士ソフトがもつ全国の営業網を使ってデジタル家電メーカーな どに販売を行う。また、富士ソフトはソフトウェアのカスタマイズにも対応す る。

 同ソリューションは、必要な機能モジュールを柔軟に組み合わせることがで き、デジタル家電開発者は短期間で安価・高速なネットワーク対応のデジタル 放送受信機を開発できる。他社のネットワーク機器との互換やネットワークサー ビスとの接続も可能。ミドルウェア上に独自のユーザーインターフェースや差 別化機能アプリケーションを追加することもできる。

 両社は同ソリューションのほか、ネットワーク対応デジタル家電の性能向上 と開発期間短縮を実現するソリューションを今後も提供する予定。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加