フォトレポート:世代で異なる筆記体の流儀--米調査 - 6/6

CNET News.com Staff2007年04月27日 20時43分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 2つのグループの筆記体の違いは、ペンマンシップ教育の変遷に原因があると考えられる。ほとんどのベビーブーマーとそれより上の世代は、小学校で文字と文字の繋がりを重視するPalmer Method(上段)と呼ばれる書法、もしくはそれに似たZaner-Bloser methodを習った。最近では、教師の嗜好によって様々な筆記体のフォントが教えられており、ペンマンシップを習得するのに割かれる時間はタイピングなど他の指導時間より少なくなっている。Handwriting Without Tears(中段)は、統一性があり何より視認性があることは確かなのだが、特別決められた書法があるわけでもない。D'Nealian(下段)は書法としては成立してはいるものの、あくまで文字一つひとつが印字体とのハイブリッドだといえるだろう。  
Scroll Right Scroll Left

 2つのグループの筆記体の違いは、ペンマンシップ教育の変遷に原因があると考えられる。ほとんどのベビーブーマーとそれより上の世代は、小学校で文字と文字の繋がりを重視するPalmer Method(上段)と呼ばれる書法、もしくはそれに似たZaner-Bloser methodを習った。最近では、教師の嗜好によって様々な筆記体のフォントが教えられており、ペンマンシップを習得するのに割かれる時間はタイピングなど他の指導時間より少なくなっている。Handwriting Without Tears(中段)は、統一性があり何より視認性があることは確かなのだが、特別決められた書法があるわけでもない。D'Nealian(下段)は書法としては成立してはいるものの、あくまで文字一つひとつが印字体とのハイブリッドだといえるだろう。  

提供:Sargur Srihari

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]