PCメーカーへのWindows XPの提供は2008年1月31日まで--MSが認める

文:Joris Evers(CNET News.com) 翻訳校正:編集部2007年04月13日 17時31分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 2008年から、Windows XPを搭載した新しいPCを買うことができなくなる。

 Microsoftの関係者は米国時間4月12日、同社が、Dell、Lenovo、Hewlett-PackardなどのPCメーカーに対するWindows XPの販売を2008年1月31日で終了することを認めた。また、オリジナルのPCを製造するシステムビルダーへの販売も、その1年後に終了すると、同関係者は述べている。

 Microsoftの関係者はCNET News.comに宛てた電子メールで「これはMicrosoftがここしばらく用いてきたプロセスだ。前のバージョンを、どこででも手に入れられる状態から、ディストリビュータだけから入手できる状態、そして最後にはダウングレード権を通じてのみ入手可能な状態へと移行することで、ユーザーを前のOSから次のバージョンへと徐々に移すのである」と述べている。

 Windows XPの後継であるWindows Vistaは、1月末より小売店で発売された。Microsoftは、Vistaが以前のWindowsより安全で、操作性、接続性、エンターテインメント性に優れていることを熱心に喧伝してきたが、Vistaに対応したアプリケーションやハードウェアドライバが現状は不足しており、普及のための大きなハードルとなっている。

 こうした状況があるにも関わらず、多くの消費者はすでに、PCを購入する際の選択肢がVistaのみという状況に置かれている。PCメーカーはすでにオンラインでも小売でも、消費者に販売する製品のほとんどすべてにVistaを搭載しており、企業向け製品の一部でもこの傾向が見られるようになっている。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加