logo

コンパクト、静音、組みやすい!Antec「Solo」の秘密に迫る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Antec
SOLO W/O PSU
内容:自作PCにとって「静音」は、もはや定番の機能となりつつある。どんな静音パーツを使うにしろ、自作PCのベースとなるのは本体ケースである。その本体ケースが静音に配慮されたものであれば、完成した自作PCの静音度はより高いものになるだろう。Antecの静音本体ケースと言えばベストセラーとなったP180、P180 V1.1が知られているが、今回は、「Solo」の静音の秘密に迫る。具体的にどれほどの静音性を実現しているのか、測定器を使って検証してみた。

美しくシンプル、そしてコンパクト

  • Antec「Solo」本体

 Antecと言えば電源ユニット、そしてP180シリーズに代表される本体ケースメーカーとして著名な存在だ。とくに最近ではフラットなデザインが印象的なミドルタワー本体ケース、P180シリーズがベストセラーとなっている。ではそのAntec「Solo」のポジションはどのあたりにあるのだろう。

  • Soloはコンパクトな本体ケースだ。ノーマルサイズのミドルタワーと比較して、一回り小さい印象である。そして小さい本体ケースは、それだけでハンドリングが良好になる

 まず大ざっぱに言ってしまうとSoloは、静音性と操作性を追求した「コンパクト」な本体ケースである。ミドルタワー本体ケースであるP180 V1.1のサイズが205(幅)×507(奥行き)×540(高さ)mmであるのに対し、Soloのサイズは205(幅)×468(奥行き)×430(高さ)mmとなっている。幅、そして高さがかなり小さくなっている。このためSoloは、ミニタワー本体ケースと呼んでもいいほどだ。

 デザイン的にSoloを見ると、まず目につくのはしっかりした鋼板パネルに施された、高級感のあるピアノ調のツヤ有りブラック塗装だ。前面はP180シリーズと違ってドアのない構造だが、フラットでシンプルなデザインはユーザーを選ばないだろう。スイッチ類は青色LEDが周囲に組み込まれた電源スイッチ、そしてリセットスイッチで構成されている。

  • 前面パネルのスイッチ、ライト、I/Oポート部分。写真右に電源スイッチ、リセットスイッチ、そしてI/Oポートが配置されている。写真左にあるのは、HDDのアクセスランプだ

 もちろん前面にはI/Oポートが用意されていて、構成はUSB2.0×2、IEEE1394×1、オーディオ入出力と標準的である。そのほか前面パネルには、電源スイッチと離れた場所にHDDのアクセスランプが配置されている。なお、前面の吸気口は前面パネル両サイドに、スリットとして用意されている。

 ドライブベイの構成は5.25インチベイが4基分あって、うち1台がアダプタを介して3.5インチオープンベイとしても使えるようになっている。内部のハードディスク増設スペース、すなわちシャドウベイは4台、あるいは3台分となっている。どうして4台、あるいは3台なのかというのは後ほど詳しく紹介する。  電源ユニットは標準搭載していないが、これは正しい選択だ。このクラスの本体ケースを購入するユーザー層は、電源ユニットも好みのスペックのものを使いたいはずだからだ。外観的に見たSoloは、美しい塗装とシンプルなデザインで、コンパクトにまとめられた本体ケースといった印象である。

  • 電源ランプは電源スイッチの周囲に組み込まれた形になっている。青色LEDの輪が電源スイッチの周囲にできるので、光るとちょっとお洒落な雰囲気になる。I/Oポートはサウンドの入出力、USB2.0×2、IEEE1394×1という構成

  • Solo前面の通気口は、前面パネルの左右にスリットで用意されている。側面パネル、質感のある美しいピアノ調塗装にも注目

  • Soloの背面。Soloは現在、電源ユニット未搭載で販売されている。好みの電源ユニットを搭載すればいいのだが、同じAntecの電源ユニットを選ぶというのもありだろう

デジタル製品

PCの記事一覧はこちら

-PR-企画特集