インテル、デスクトップPC向けクアッドコアプロセッサを発表

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 インテルは4月9日、デスクトップPC向けのクアッドコア(4コア)プロセッサ「インテル Core 2 Extreme プロセッサー QX6800」を発表した。同社のクアッドコアプロセッサとしては12番目の製品となる。

 QX6800は、「インテル Core マイクロアーキテクチャー」を採用している。動作周波数は2.93GHzで、フロントサイドバスは1066MHz、L2キャッシュは8Mバイト(2×4Mバイト)。ゲームユーザーやプロのデジタルデザイナーなどのパワーユーザーにも適している。インテルによると、既存製品の「インテル Core 2 Extreme プロセッサー X6800」と比較した場合、ビデオのエンコードで最大65%の高速化を達成したという。

 QX6800は、65ナノプロセス技術で製造されている。価格は、1千個受注時で1個あたり14万2380円。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加