国立情報学研究所、Google Scholarで国内学術論文データ300万件を検索可能に

鳴海淳義(編集部)2007年04月09日 17時05分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 国立情報学研究所(NII)は4月9日、大学などに提供してきた学術論文データをGoogleによるクロールの対象としたことを発表した。これにより、国内の主要学術論文300万件がGoogle Scholarからアクセスできるようになった。

 今回NIIが公開したデータは、学術論文情報を検索対象とする論文データベースサービス「CiNii」(サイニイ)に格納されているもの。

 これまで同研究所は、日本の主要学術雑誌約2800誌の電子化とオンライン提供を行ってきたが、新たにGoogleからもアクセスできるようにすることで国際的な情報発信力の強化を図るという。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加