logo

特定候補者だけが視聴されるのは不公平--AmebaVisionが都知事選の政見放送を削除

鳴海淳義(編集部)2007年04月06日 15時49分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 サイバーエージェントは4月6日、AmebaVisionに投稿された東京都知事選の政見放送の動画を削除したことを明らかにした。

 同社は「政見放送は、公職選挙法に基づいて候補者の政見放送をテレビ放映することになっており、その放送回数は各候補者毎に明確に定められております」と理由を説明。今回の削除は特定候補者の政見放送だけが視聴される不公平を是正するための措置だとしている。

 また今後AmebaVisionへ動画を投稿する際は、公職選挙法に抵触したり、不公平な選挙活動を助長する動画をアップロードしないように注意を促している。

 この発表はAmebaVisionのスタッフブログで公開されたが、コメント欄には「放送時間が定められ、見れない人もいるテレビというメディアで、決められた放送回数だけ放送することが、万人にとっての『公正』とは、どう取っても思い難い」と述べるユーザーもいる(15時20分現在)。

-PR-企画特集