logo

Googleニューヨークオフィス、行方不明になっていたニシキヘビを保護

文:Elinor Mills(CNET News.com) 翻訳校正:編集部2007年04月04日 16時07分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Googleのニューヨークオフィスで失踪していた、全長90センチメートルほどのニシキヘビが米国時間4月2日夜、ビルの用務員によって発見されたと、ゴシップサイトValleywagが伝えている。

 サイトには、「グレーと茶色のこのハ虫類を持ち込んだのは、ヘビが大好きで、仕事のある日でもペットから片時も離れることのできなかった技術者のAdam。Adamが4階で作業している間に、このヘビがタンクからいなくなってしまった」と、いきさつが書かれている。

 Googleの広報担当は、ニシキヘビが見つかったことを認めている。しかし、ニシキヘビの所有者に何らかの罰則が適用されたのかは、明らかにされていない。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

-PR-企画特集