logo

GREEがワーナーと提携、SNSでアーティストのプロモーションを展開

鳴海淳義(編集部)2007年04月04日 13時41分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 グリーは4月4日、ワーナーミュージック・ジャパンと提携し、ソーシャルネットワーキングサービス(SNS)「GREE」および「EZ GREE」上で音楽プロモーションを行うことを発表した。

 第一弾アーティストはLINKIN PARKで、アルバム「Minutes to Midnight」のプロモーションを実施する。アーティスト自身の専用ページ「アーティストプロフィール」を用意し、ユーザーのプロフィール画面を着せ替えできる「限定きせかえプロフィール」も提供するほか、EZ GREEでは期間限定でFlash 待ち受けをダウンロードできる。

 グリーは、今回のようなSNSと大手音楽レーベルの本格的なプロモーション提携は日本初だとしている。同社はSNSならではの口コミプロモーションにより、これまでの手法ではリーチしにくかった層への訴求と、ユーザー間のコミュニケーション促進を狙う。

greeプロモーション展開のイメージ

-PR-企画特集