logo

凸版、「MuseScope」の最新版を提供開始--博物館や美術館の収蔵品を横断検索

ニューズフロント2007年03月29日 20時18分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 凸版印刷は3月29日、博物館や美術館の収蔵品情報を管理するASPサービスの新版「MuseScope(ミューズスコープ)Ver1.3」を提供開始した。新版では、複数館の収蔵品情報を横断検索する機能を追加した。

 博物館や美術館では、他館の収蔵品を借りて企画展や特別展を開催することが多い。しかし収蔵品の情報を網羅的に検索、閲覧できるシステムがないため、そのつど他館が発行する目録を個別にあたるか、学芸員の知識や記憶に頼るところが大きいという。

 MuseScope Ver1.3では、自館の収蔵品情報を他館に公開するかどうかを、作品名、制作者といった項目単位で設定可能。同様に他館が公開した収蔵品情報を一括して検索、閲覧できる。

 館同士が収蔵品情報を共有することで、調査にかかる手間を減らし、企画展や特別展の開催に関する業務の効率化を図れるという。料金は初期登録料が10万円から、年間利用料は96万円からとしている。

-PR-企画特集