松下、USBバスパワー駆動時でも高速転送可能なポータブルDVDマルチドライブ

エースラッシュ2007年03月27日 21時47分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 松下電工パナソニックマーケティング本部は3月27日、USBバスパワー駆動時もAC電源駆動と同等の転送速度を実現したポータブルDVDマルチドライブ「LF-P968C」を発表した。

LF-P968C 「LF-P968C」

 LF-P968Cは、標準的なCDケースとほぼ同じサイズの高さ14.8mm×幅135mm×奥行き135.6mm、重量は約290gという小型軽量ボディーを採用したポータブルDVDマルチドライブだ。ACアダプタが付属するほか、USBバスパワー駆動時でもAC電源駆動と同等の転送速度を実現しているため、自宅や外出先など電源の状況に合わせて使い分けることができる。また、蓋が上下に開くクラムシェル構造を採用する。

 ソフトウェアはDVD-RAMドライバのほか「DVD-MovieAlbumSE 4.5」「PowerProducer 3」「PowerDVD 7」「B'sRecorder GOLD 9 Basic」「B's File Guard」「ドライブチェッカー」が付属しており、Windows Vistaにも対応。価格はオープンとなっており、発売は4月13日から。月産台数は5000台を予定している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加