Xacti2.0始動--三洋電機、MPEG-4 AVC対応でウェブムービーコンテンツを推進

加納恵(編集部)2007年03月13日 18時16分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 三洋電機はムービーカメラ「Xacti」に、MPEG-4 AVC方式による撮影をサポートした新機種「Xacti DMX-CG65」を発表した。発売は4月下旬より。価格はオープンで実勢店頭価格は5万円前後となる。

 Xacti DMX-CG65は、SDメモリーカードを記録メディアとしたポケットサイズムービーカメラの最新モデルとなる。撮影しやすいタテ型のエルゴノミクスデザイン、コンパクトボディはそのままに、最新のムービーフォーマットMPEG-4 AVCによる撮影をサポートしたことが最大の特長だ。

 これにより、少ないデータ容量で高画質・長時間記録が可能となり、パソコンとの親和性も向上。そのため、同社では、現在人気を集めているウェブ上でのムービーコンテンツ制作機材としてXactiの認知を高めていくことも狙いの1つだ。

 ムービー撮影中の高画質静止画撮影や独自のLSI「ピュアフォースエンジン?」による高感度撮影など、高画質・高性能の撮影機能は前モデルをそのまま踏襲。約150gという軽量ボディながら、動画撮影連続約70分というスタミナを誇る。

 有効画素数は約600万画素。8GバイトまでのSDHCメモリーカードに対応するほか、18Mバイトのメモリも内蔵している。

  • Xacti DMX-CG65 予想実勢価格:5万円前後
Xacti DMX-CG65 Xacti DMX-CG65 W67.7×H100.3×D34.5mm、重量150gのコンパクトボディ

 同社では今回の新製品発売に合わせ、Web上での高画質デジタルムービーコンテンツ普及のためのプロジェクト「Xacti 2.0(ツー・ポイント・オー)」を発足。シーボックス、エムログ、シックス・アパート、ボイスバンクといったWebコミュニティ4社と協力し、ユーザーが使いやすいウェブ上のムービーコンテンツサービスの提供を行っていくとしている。

Xacti2.0プロジェクト 発表会会場にはXacti 2.0プロジェクトのメンバーが勢揃いした。写真左より、シックスアパート 関代表取締役、エムログ 大石取締役、三洋電機 豊田企画部部長、ボイスバンク 木ノ川代表取締役、シーボックス 飯島代表取締役
  • このエントリーをはてなブックマークに追加