ノートPCにもサブディスプレイ--ASUSTek、世界初!SideShow搭載PCを発表

坂本純子(編集部)2007年03月09日 21時02分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 アスース・ジャパンは3月9日、3月下旬より新ノートPC4製品を発売すると発表した。天板に「SideShow」と呼ばれる小型液晶ディスプレイを搭載したWindows Vista搭載ノートPC「W5Fe」(22万4800円)、ランボルギーニとのコラボレーションノートPC「VX2」(39万9800円)、天板に本革を使用した「S6Fm」(27万9800円)、マグネシウム合金を使用したスリムPC「U1F」(26万9800円)の4製品だ。

“SideShowを搭載した「W5Fe」 SideShowを搭載した「W5Fe」

 世界初のSideShow搭載ノートPCという「W5Fe」は、TFT LCD 2.8型QVGAのSideshowと12.1型のワイドTFT液晶を搭載。OSはWindows Vista Home Premium。CPUはIntel core 2 Duo T5500で、DVDスーパーマルチドライブ、130万画素のカメラ、無線LANほかBluetoothも標準装備される。

“「W5Fe」は、3セルのバッテリー搭載で、1.7Kgという 「W5Fe」は、3セルのバッテリー搭載で、1.7Kgという

 SideShowは、Windows Vistaのミニアプリケーション「SideShowガジェット」により、わざわざPCを起動しなくても、ノートPCを閉じたまま音楽を再生したり、Outlook 2007に入れてあるスケジュールやメールをチェックしたりできるというものだ。

 マイクロソフトWindows本部 コンシューマWindows製品部の森洋孝氏はSideShowについて「PCの補助ディスプレイで、PCをより便利に使うことを目的としたもの。PCだけでなく、リモコンや携帯電話をはじめ、SideShowだけでも独立したデバイスとして利用できる柔軟なもの」と話す。

“W5Feは、SideShowを十字ボタンで操作する W5Feは、SideShowを十字ボタンで操作する

 Sideshowは、Bluetoothで通信できるため、ノートPCのサブディスプレイとしての機能だけでなく、単体デバイスとしてもさまざまな可能性を持つ。CES 2007ではメールチェックも可能なデジタルフォトスタンドといったSideShow対応製品が登場している。

 「VX2」は、15.4型ワイドTFT液晶を搭載。ランボルギーニとのコラボレーションモデルらしく、イエローとブラックの2色。天板のエンブレムがひときわ目立つ。カーボンファイバーボディに革張りパームレストといった高級外観だけでなく、冷却ファンに自動車のホイール風デザインを採用したほか、CPUもCore 2 DuoプロセッサーT7400、最上位OSのWindows Vista Ultimate搭載など、中身も相応のもの。

“ランボルギーニとのコラボレーションモデル「VX2」。「VX2」の冷却ファンに自動車のホイール風デザインを採用 ランボルギーニとのコラボレーションモデル「VX2」。「VX2」の冷却ファンに自動車のホイール風デザインを採用

 「S6Fm」は、11.1型ワイドTFT液晶を搭載。CPUはIntel Core2 Duo L7200を搭載し、OSはOSはWindows Vista Home Premium。DVDスーパーマルチドライブを搭載し、バッテリー2本(3セル、6セル)ほかインナーバッグも付属する。なお、S6Fmの前モデルである「S6F」は2006年度グッドデザイン賞を受賞している。

“S6Fmの前モデルである「S6F」は2006年度グッドデザイン賞を受賞。インナーバッグも付属 S6Fmの前モデルである「S6F」は2006年度グッドデザイン賞を受賞。インナーバッグも付属

 「U1F」は、11.1型ワイドTFT液晶を搭載。CPUはIntel Core2 Duo U2400を搭載し、OSはOSはWindows Vista Home Premium。約30万画素のカメラを内蔵し、外付けのDVDスーパーマルチドライブを同梱する。

“「U1F」の重さは、3セルで1Kg 「U1F」の重さは、3セルで1Kg

 なお、ASUSの最新ノート4製品を発売前に体験できるイベントを六本木のノアビル内にある「ROPPONGI FLOWER」にて開催する。3月9日22時〜10日朝5時まで。受付にて「ASUS(アスース)」と言うとクラブに無料で入場できる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加