logo

ソニー、2Gバイトの内蔵メモリを搭載したサイバーショット「DSC-G1」

エースラッシュ2007年03月09日 19時21分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ソニーは3月9日、3.5型液晶、約2Gバイトの内蔵メモリを搭載した新サイバーショット「DSC-G1」を発売すると発表した。

 この製品は、約2Gバイトの大容量メモリを内蔵し、コンパクトデジタルカメラでは最大級の3.5型液晶を搭載しているのが特長。内蔵メモリにはパソコン経由で画像を取り込んだ場合のアルバム画像の場合は最大約2万枚、本体で撮影したVGAサイズの画像で約7500枚の保存が可能になる。またISO感度は1000まで対応、光学3倍ズームを備える。

DSC-G1 「DSC-G1」

 DSC-G1では、サイバーショットしては初となる無線LAN(Wi-Fi)も搭載。これにより、無線LAN(Wi-Fi)通信機能を利用して2台以上のDSC-G1を機器間相互接続し、撮影と同時にほかのDSC-G1に自動的に画像を転送し、保存できる「コラボショット」機能などを備える。そのほか、ホームネットワークの標準規格DLNAにも対応している。

 同製品の発売は4月6日から。価格はオープンとなっている。

-PR-企画特集