YouTubeの動画を14チャンネルに編成、再生する「oreseg(オレセグ)」

永井美智子(編集部)2007年03月02日 16時52分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 paperboy&co.代表取締役社長の家入一真氏と、同社経営企画室デザイナーの福田大介氏の2人のユニットであるミルキーウェイが3月2日、YouTubeの動画の中から特定のカテゴリの映像だけを再生するサービス「oreseg(オレセグ)」を開始した。PCのほか、任天堂の家庭用ゲーム機「Wii」などで再生することを想定している。

 音楽、コメディ、アニメ、スポーツなど14つのカテゴリをチャンネルとして用意した。YouTubeの動画に付与されたタグをもとに、チャンネル別に分けているという。動画は新着順に再生されるようになっており、1つの動画の再生が終わると自動的に次の動画の再生が始まる。

 動画の再生画面上には「再生/一時停止」「巻き戻し」「次のファイルを再生」「前のファイルを再生」という機能を持つ4つのボタンと、YouTubeのサイトに飛ぶリンクがあるだけのシンプルなデザインになっている。

 paperboy&co.広報によると、「はてなが提供しているYouTubeの動画再生サービスであるRimoを見て、チャンネルがもっと細分化していたら便利だと考えたようだ」という。paperboy&co.のサービスでなく個人のプロジェクトとしてサービスを提供したのは「会社のサービスとなると後手に回ることもあるため」とした。収益モデルは未定で、「まずは便利に、楽しく使ってもらいたい」とのことだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加